うまたつ予想は「一発当たれば問題なし」がコンセプト

世間にはたくさんの有料(優良以外も)予想があふれているが、僕が競馬初心者だったころは何度かお世話になったこともある。その時に気付いたことがあって、それを記事にしてみる。(ただの所感で、事実とはことなります)

優良予想には概ね2つのタイプの予想があるような気がする。

1、新聞と同じように◎○▲×など優先順位をつける予想

2、独自の買い目を配信する。

  例:3連単フォーメーション 1,2→1,2,3→1,2,3,4,5

上記の内、1の印予想でもそれぞれに特徴があって、血統、タイム、展開、調教など様々なファクターでの予想があるが、馬券の買い方は予想をどう解釈するかに任されているようなきがする。

では2の買い目予想ですが、この予想屋のなかには資金分配まで指定するものもあり、ほとんど自分では考えなくてもいいようになっている。初心者にはありがたい。

 

どちらがいい悪いではなく、いろんな予想があるというだけなのだが、自分的にはいずれも、そんな考え方もあるなあ、程度の参考でよいのかなと思う。

そして、最近ではオッズ解析による自動投票まで出ている。こうなると、予想ではなくただの資産運用の一つみたいに感じる。

 

今や競馬予想もロボットの時代!
サンスポ&ニッポン放送公認のNo.1競馬SNSサイト『ウマニティ』が誇る
高性能競馬予想ソフトが登場!『スゴウマROBOT Z(ゼット)』

 

自分的には、馬が好きだし、競馬に携わるすべての関係者をリスペクトだし、予想した馬の走りで一喜一憂するのが楽しいので、機械的に運用するのはちょっと楽しくないなあ。

 

とまあ、意味のない独り言を書いてみたが、だれでも競馬を長くしていると、パドックの見方や展開のセオリーや血統、厩舎情報、騎手の性格にいたるまで、みんな詳しくなってくる。そして、自分なりの理論というか予想方法みたいなものが固まってくるけど、僕の場合は収支がプラスの時はいつも穴馬を的中したときだったんたよね。

 特に穴馬が的中すると、周りからも「えっ、なんでその馬買えるの?」という羨望の眼差しと、払い戻し人数の少ない時にどや顔して払い戻し機にいく楽しさ。そんな気持ちをみんなにも味わってほしい!というのが僕のブログのコンセプト。しかも、ツイッターでみんなからの「楽しみにしてます」とか、「ごっつあんです」の書き込みがたまにあり、さらにモチベーションアップ。

 

できれば、馬券の買い方も予想した軸馬から4点以内の馬連馬単で流していただければ、回収率もいいのではと考えています。また、圧倒的にはずれが多いので、一発ドカンと来るまでひたすら辛抱しなければならないので、1R当たりの金額を決めて、全レース均等にして購入していただければと思います。

 

はずれ馬券の山こそ、穴馬党の醍醐味とばかりに、これからもがんばって穴馬一筋で頑張りますので、穴馬党の皆さまよろしくお願いいたします。

いつの日か僕もオッズに影響が出るくらいブログのアクセスが増えて、優良(有料)配信で人数を絞らなければならないようになりたいですね!

人気ブログランキングへ