今日は競馬以外のお話をすこし。僕の地元「青森県」についての紹介をしたいと思います。青森県といえば「リンゴ」や「ねぶた」、「ど田舎」といったイメージですが、テレビなどでも、県民にインタビューするときは必ず字幕やテロップがないと、何を話しているか不明なほど訛っているイメージだと思います。(確かにそうですが・・・。)

地元の人間からすると、テレビで字幕がつけられているたびに、「ここは外国かーい!?」と言いたくなります。

 

そんな理解不能な言語を使用し、本州最北の地に住む青森県民。地元民ではあたりまえな景色も、他県の人にはとても不思議に映るものってあると思うんです。たとえばこれ!

正直言って、こんな道路標識は日本中探してもないです。この道を初めて通る人は、なんじゃこりゃー!!!って叫びたくなるんじゃないかな?

 

この標識は青森県新郷村(しんごう)の国道454号線に設置されており、十和田湖に向かう途中にあります。青森県には、これ以外にも、源義経 北方伝説などがあり、それにまつわる地名や場所などミステリアスな見どころ満載です。

 

キリストの墓 - Wikipedia

キリストの墓については信ぴょう性は低いのですが、それでも、小さいころから父にこの辺を通るときに、この墓がある戸来村(ヘライ村)の住民はユダヤ人の子孫が多いからみんなホリが深い顔立ちをしていると教えられたものです。うーーーん。ちなみに近くに米軍基地があり、基地内の友人(アメリカ人)をここに連れて来たら「キリストへの冒涜だ!」って怒っていました。そりゃそうだ。

 

こんな、摩訶不思議なスポットがある青森県に是非みなさん遊びにきてねーー。

ついでに帰りは岩手競馬を楽しんでいってね。

岩手競馬 公式WEBSITE

 

人気ブログランキングへ