JRAの上乗せ配当はお得なのか?

最近JRAでは売上アップの方法として、最終馬連5%UPなど、配当に売上金の5%を上乗せするキャンペーンをしています。

すでに2016年6月からは夏の2歳単勝新馬・未勝利・オープン)キャンペーンをしていて、馬券種による払戻額が変わっています。

↓ キャンペーンの詳細はこちら

2016年「夏の2歳単勝」 JRA 

 

JRAでは払戻率なるものが存在します。払戻率が与える回収率への影響について理解しないと、損をするかもしれませんので考えてみましょう。

【馬券種ごとの払戻率を知っておこう!】

単勝複勝         80%

枠連馬連・ワイド   77.5%

馬単・三連複        75%

3連単         72.5%

WIN5       70%

平成26年の競馬法施行規則の改正により、上記の通りに設定されてます。

こうしてみると、人気の馬券である3連単を低めに設定してJRA稼いでますねー。

たしか、平成26年以前は3連単も75%だった気がします(違っていたらすみません)ただ、思うのは予想と馬券種の選び方って結構大事だと思うので、この払戻率を知らずにいるのと知っているのでは長期的な回収率も違ってくるのではないかと思います。

だって、単勝3連単では7.5%も差があるです!7.5%も多くJRAに取られるんですよ!1年間買い続けたら結構な額になるかと。

僕はよく単勝複勝、ワイドを購入することが多いですね。なので、単勝に売上の5%を上乗せ(2歳限定ではありますが)ってのはとてもありがたいと感じます。

まあ、この5%で収支が大きく変わるほどたくさん馬券は購入しませんが・・・。

JRAにしてみれば、お得感を出して人気のない馬券の売上を上げたいということなのかなとは思いますが、どうせなら僕の好きな複勝に10%ほど上乗せをしてほしいー!

 

↓このリンクでJRAの公式な払戻率が発表されています。

勝馬投票法ごとの払戻率

 

ここで、ふと思ったのは、地方競馬の払戻率ってどうなってるんだろう?だれか知っている方がいたら教えて下さいませ!

人気ブログランキングへ