競馬場でスタンド席の争奪戦は無法地帯!?

JRAでのGⅠや重賞開催日に希望の指定席を取るためには、早朝には並ばないと席をとれません。朝の6時~7時には売り切れていて、指定席に座れたためしがないのです。では、無料のスタンド席はどうなのか?

 

大きいレースのある日は競馬場とても混んでいますよね。早朝から並んで、開門と同時にダッシュして席を確保するのは、恒例となっていますが、そのスタンド席の場所取りの方法について、いつも感じていることを書きたいと思います。

 

まず、ダービーや有馬記念などのビックレースでは良い席を取るためには、かなりの競争になります。

当然、ダービーの当日は指定席の当日販売をしていませんし、指定席の抽選から漏れた人たちによる無料のスタンド席の争奪戦は激しくなります。

ビックレースの当日に良い席を確保(無料スタンド席)するために入場門の外で待機することになります。気合の入った人は前日から並んでいます。僕も一度ダービーを見たくて並んだことがあるのですが、当日の早朝3:00に行ったにもかかわらず、僕より早く来ている人が1000人はいたのではないでしょうか。(あまりに多くて数えれなかった)

 

JRAのHPでのダービー当日の指定席について↓

優駿牝馬(オークス)および東京優駿(日本ダービー)当日の指定席券・記念入場券の発売方法【東京競馬場】 JRA

 

日本で一番大きい競馬場の東京競馬場。平成19年にリニューアルし、指定席も含めると座席数は19,400席もあります!

これに対して、東京競馬場で最も人が訪れるであろうレース。日本ダービー開催日の来場者数は13万9140人!?

 

 

ちなみに、ダービー前日の土曜日ですら入場者数は6万人程度とのことですから、いずれにしても座席数より来場者のほうが多いですね。

そんな現状を踏まえて、無料のスタンド席の争奪戦を考えてみましょう。

 

 

まず、スタンド席の争奪戦で、よく見かける光景としては、競馬新聞やマークシートを席に置いて確保している方法。

これは、最もスタンダードな方法でしょう。

まれにガムテープなどで新聞を張り付けている強者もいます。また、無料で配布されているレーシングプログラムなどのパンフレットなども良く場所取りに使われていています。

レーシングプログラムの使い方が間違っている例

 

 

 

眠い中、夜も明けないうちから並び、苦労して席を確保している競馬ファンには、特に言うことはありませんが、中には2人できているのに1列(5席)全部を占領していたりと、人数以上の席を確保したのは良いけど、全くその席を放置し、戻ってこない人たちもいます。

以下はJRAのページに書かれている競馬観戦のルールとマナーです。参考にしましょう。

観戦ルール・マナーにご理解とご協力をお願いします!

 JRAでは安全で快適な観戦環境を提供するため、観戦ルールと観戦マナーを設けています。
 競馬場・ウインズに訪れたお客様皆様が、安全で快適に観戦できるように、ご理解とご協力をお願いします。

観戦ルール
  JRAでは、以下の行為をお断りしております。

構内へのお持込をお断りしているもの
危険物(火気類・ビン類・缶類等)
ペット(盲導犬聴導犬を除く)
車輪のついた器具・乗り物(車椅子・ベビーカーを除く)
テント・パラソル・大型のテーブル
騒音を発生させる器具(ホイッスル・拡声器・楽器等)
投げること・飛ばすことを目的とした器具(ボール・風船・フリスビー等)
上記以外にも、競走の実施・お客様の安全確保の妨げ及び他のお客様のご迷惑になると認められるものについては、持込をお断りする場合があります。
競馬場・ウインズの施設状況等により、取扱が異なる場合があります。詳しくは各競馬場・ウインズにお問い合わせください。
観戦時にお断りしている行為
コースやパドックにものを投げ入れる行為及び全てのエリアでものを投げ上げる行為
踏み台・脚立に昇っての観戦
みだりに騒音を出す行為
出走馬および関係者への威嚇、誹謗中傷その他迷惑を及ぼす行為
認められた場所以外への横断幕・垂幕・旗等の設置
写真・映像撮影時にお断りしている行為
馬に対するフラッシュを使用した撮影
三脚など自立する器具を使っての撮影
踏み台・脚立に昇っての撮影
営利目的での撮影
他のお客様のご迷惑となる撮影
構内映像等をインターネットその他メディアを使ってのライブ配信
第三者の肖像権や著作権を侵害するおそれのある行為
その他にお断りしている行為
必要以上に観覧席・観覧エリア等を占拠する行為
入場券・指定席券等の転売及び転売された入場券・指定席券等の行使
立入禁止エリア・立入を認められた以外のエリアへの立入
管理者の許可を得ない物品販売・宣伝広告・アンケートやチラシの配布
上記以外にも、競走の実施及び安全・快適な観戦環境の妨げとなる行為や、他のお客様のご迷惑となると認められる行為はお断りしております。
観戦ルールにご協力いただけない場合や、JRA係員のお願いに応じていただけない場合は、退場していただくことがございます。

 

 このルールに書かれている、「その他にお断りしている行為」欄に、必要以上に観覧席・観覧エリアを占拠する行為とあります。

 

では、この観覧席の場所取りについてどんなルールがあれば、みんな気持ち良く競馬観戦ができるのかを考えてみたいと思います。

 

 

場所取りの代名詞といえば「花見」です。まいとし、桜の咲く時期になると、サラリーマンから学生、はたまた地元の敬老会の皆様まで、たくさんの人が我こそは良い場所を取ろうと鼻息を荒くして場所取りをしています。

 

花見と言えば上野公園。そこで、上野公園の公式ページから要約したルールをご紹介します。

1:長時間の場所取りはご遠慮いただいている
2:場所取り代行は認めていない←これ、勧誘されますがトラブルの元です!
3:無人の場所取りは禁止しています。パトロールの警備員が発見した際は随時撤去
4:テーブルやいす、テント等の持込みはできません

 

これを参考にしながら競馬場の観覧席や芝生席で場所取りをする際のルールを、独自にきめてみようと思います。

1:長時間の場所取りはご遠慮いただいてますが、オムツなどを着用し、トイレにすら  立たないという気合の入った場所取りについては認めます。

2:場所取り代行は認められないので、本人確認の為にDNA鑑定を実施します。

3:無人の場所取りは禁止ですが、馬券が外れ続けて無人くんで借入に行く理由で席を離れる場合は、無人となった場所にプロ○スのパンフレットをおくことで代用可。

4:テーブル・椅子・テントの持ち込みは原則不可。持ち込んでよいのは、事務机とソファー、ログハウスまでとします。

 

そのほかにも、入場前の開門待ちでの場所取りについてもルールがあるようです。

これについても独自にルールを決めたいと思います。

 

★敷物(しきもの)のみによる場所取りは禁止。履物(はきもの)にしてください。

 

★騒がない触らない・火気の使用は禁止しますが、牡蠣は大好き❤及びガキの使用禁止・各自でのゴミ人間の始末。

 

 

とまあ、いろいろルールを決めましたが、今週の函館競馬場で早速実践したいと思います。オムツを着用したクリクリ頭の怪しい中年オヤジを見かけたら僕です。

是非ともビールをおごって下さい。利尿作用ですぐにお漏らしをします!

みなさんも、ルールを守って楽しい競馬観戦をしましょうね。

 

 この記事をたくさんの人に見てもらって、スタンド席のルールを守る人が増えるように、是非ブックマークをしよう!

人気ブログランキングへ