読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ馬券の買い方で消耗してるの?

例によって、スタバでキャラメルマキアートのエスプレッソショット追加を飲みながら、ふと思いついてしまった。馬券の買い方で分かる性格診断があれば、自分の購入傾向を客観的に判断できるため、勝率が上がるのではないだろうか?

そうにちがいない。早速やってみよう!!

 

 

競馬ファンにとって、よくあるケースとして「三連複なら当たってたYO!」とか、「馬単にしておけばよかった~」とか、予想は当たっているのに、その予想を上手に馬券に反映させることができず、的中を逃してしまうパターンだ。

そんな悔しい思いをしている馬券下手の諸氏にこそ、この馬券性格診断を有効に活用していただきたい。また、性格診断のほかに、各種馬券の意味についても少々書いてみよう。

 

 

尚、この馬券性格診断は、ユングの提唱する8つの性格分類をベースに臨床心理士精神科医、心理学者などの監修の基で100年ほど研究をした成果であり、皆さんの馬券購入によるPersonalityを的確かつ正確にJust meetsしており、科学誌ネイチャーに寄稿、掲載予定となっているわけがない。だから、決して真に受けないでほしい。

 

 【馬券種ごとの性格診断】

1、単勝 (直感-外向タイプ )

物事の可能性を信じて追求していく冒険家タイプ。可能性を感じさせるものに強い意欲(達成・征服・挑戦欲)を発揮するが飽きっぽさが同居。

この馬券を好んで買う輩は、基本的に短小である。自分のナニが小さいことを隠したいがために、「男は単勝1点勝負!」などと言い、男らしさをアピールする。性格的には臆病でさみしがり屋である。

なにも、虚勢を張る必要はない。今ではこんなサプリメントがあるのだから。

 

↓虚勢を張らない

 

男性用妊活サプリ

 

アフリエイト収入が欲しくて宣伝しているのではない。みんなのチ○ポが大きくなってほしいだけである。(みんなで買いまくって、僕を億万長者にしてくれー)←心の叫び。

 

単勝馬券は1着を的中させる馬券で、馬単全頭流しや3連単1頭全頭流しと同じ意味である。(適切に資金分配をした場合、だいたい同じくらいの配当になる)

ちなみに、2015年のJRAの馬券売上総額の5.5%が単勝である。

 

2、複勝 (感覚-外向タイプ) 

 人生・生活を楽しむ快楽タイプ。自分勝手に人生を楽しむのではなく、自分を周囲に同調させた上で、皆と人生を楽しむ。 

この馬券をよく買う人は、合コンでは1番人気の女の子を狙うようなことはしない。確実に落とせるであろう普通の女子を口説くタイプである。的中しやすい馬券の複勝

この馬券を買うキミは、自分はリスクを冒さずに安全な位置にいて、おいしい思いだけをしてやろうという卑劣極まりない性格である。

また、コンパで盛り上げ役をしてしまい、「楽しい人」で終わるタイプでもある。

でも安心してほしい、そんな複勝は馬券全体の7.7%を占めているのだから。

 

ちなみに、複勝馬券はワイド全流し、三連複軸1頭流しと同じである。

 

3、馬連 (感情-外向タイプ) 

外界と積極的に関わっていく社交家タイプ。世間一般の価値観を受け入れ、自分の気持ちを素直に表現しつつ周囲と折り合いをつけていける。流され易い面もある。

馬連を買う人は、配当はあった方がいいが、3連単ほどのリスクはちょっと避けたほうがいいという、中途半端な性格だ。主に一部上場企業に勤めている、ちょっと嫌味臭いタイプの人間。性格は何事も「ほどほど」が大事と思っている平均的、標準的、普通、凡庸な性格。競馬も適度に勝ち、適度に負け、普通に楽しむ。

安心したまえ、人生ふつうが一番なのだから。

そんな普通な君の仲間たちは、馬券売り上げ全体の15%を占めている。これは3連単、三連複に次ぐ3番目に高い売り上げ。

 

 

4、馬単 (思考-内向タイプ)

内へ内へと深く沈みこんでいく哲学者タイプ。独自の切り口で物事を捉えるが、周囲に理解されないままの暴走が目立つ。

この馬券をいつも買う人は勝ち馬を予想するという点では単勝と同じだが、さらに欲深く高配当を狙う輩だ。主にTUTAYAの洋画の準新作コーナーに出没し、人気どころの映画が借りやすくなったところを狙い打つ。職業は主に地方公務員。中学校教諭、役所の資産税課、環境政策課などで勤務している。仕事では周囲と協調することをしないが、複合機プリンターの扱いだけは異様に詳しいため、使い方を聞かれたりするが、「自分は頼られている」と勘違いしてしまうタイプ。

そんな君にこの言葉を贈ろう

「気づかない人こそ幸せである」

 

そんな暴走タイプが購入する馬単だが、JRAの馬券売り上げの7.6%を占めている。

 

 

5、枠連 (感覚-内向タイプ)

独自の感覚・感性を垣間見せる奇妙・珍妙タイプ。周囲の理解が得られない事に悩む事が多くなる。

枠連を好んで購入するという奇妙・珍妙な輩は、独自の競馬予想メソッドに基づいた常人には理解しがたい馬券予想を展開する。

どんなに周囲から理解が得られなくても安心してもらいたい。

なぜなら、中山1200mや新潟1000m、開幕最終週の芝コースなどの外枠有利のコースで力を発揮するこの馬券。このレースでは周囲からの賞賛を浴びること間違いないのだから。

枠連買いをする者たちの主な生息地はクラブである。クラブカルチャーが衰退している昨今に、独自路線の音楽への造詣の深さを自慢したくて、たいして踊れもしないのにクラブ通いをしている自意識過剰君。もうなくなってしまったが、西麻布のイエローあたりでよく見かけた。

 

ちなみに枠連の売り上げは3.6%である。博打や投資は、人のやらないことをすると儲かると言われるが、はたして枠連は「人の行く裏に道あり華の山」となるのか!

 

6、三連複 (思考-外向タイプ)

何事もそつなく確実にこなしていくデキル人タイプ。感情を持った動物としての人間味に欠ける場合がある。

 三連複を購入する人は、3連単を購入する友人にも話を合わせることができ、かつ、複勝馬連などの馬券を購入する友人とも予想を共有できるという、そつがないタイプ。

軸馬を決め、3着以内に来る確率の高い順に、ヒモ馬を選んでいく作業を、毎レース機械的にこなしていく様は、人間味に欠ける。そうまるで、馬券マシーンでありキャッシュマシーンであり、セックスマシーンでもあるOh yeah! Come on!

確かに的中率も高く、配当もそこそこあるため、常に勝利の味を感じていたい人には向いている馬券かもしれないが、正直、友達にはしたくない。

でも安心してほしい、三連複の売り上げは19.6%もあり、3連単に次ぐ2番目の売り上げを誇る。

決して1番でもなく、マイノリティでもない、まさに売り上げまで、そつがない馬券。これからは三連複を購入した人を見かけたら、こう呼ぼう「PERFECT HUMAN」と。

 

7、3連単 (感情-内向タイプ )

感情の起伏が激しいヒステリックタイプ。表面上は穏やかで物静かだが、頑として譲らない自分の考えを持ち、それが侵されそうな場合は強い反発を見せる。 

この馬券は1、2、3着をものの見事に的中させなければならないため、強固な信念の基に予想をする。あまりにも頑なであるため、3連単馬券を購入した同志で馬券を見せ合っても、共通の話題すら見つけられず、自分の理論を縷々述べるのみ。しかも、高配当が出やすく、ヒステリックなこのタイプは、馬券的中と同時に感極まり射精する。

馬券売り上げもダントツで多い32.7%であるため、的中者がたくさんいる本命寄りの決着だった場合、そこらじゅうで射精した恍惚の表情の男たちを見かけることになる。

でも安心してください「はいてますよ」

 

 

 

 

 

いかがであっただろうか。馬券種による性格診断。あまりにも自分に当てはまりすぎて恐ろしくなったことと思うが、あくまでもこの診断の目的は馬券選びに迷わないようにすること。(8種類と冒頭に書いてあったが、7種でごめんなさい。ワイドが抜けていたことに途中で気づきました)

ちなみに僕の馬券の買い方は・・・。な・い・しょ!

 

 

 

 

 

なんだコレ。こんだけ引っ張ってこの終わりかた。

懲りずにまたサイト訪問してくださいませませ。

 

人気ブログランキングへ