読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎競馬 穴馬予想【エンプレス杯JpnⅡ&全レースの穴馬を予想】3月1日

川崎競馬の開催3日目。今日から月が変わって3月になりました。僕の住んでる青森県は3月になってもまだまだ寒いです。(今日の朝はマイナス4度でした!)

寒さを吹き飛ばすような、ビックな馬券的中をしてみたいと、今日も意気込んでおります。

今月の南関競馬は、2つの指定交流重賞があります。今日のエンプレス杯JpnⅡ、3月15日に船橋競馬場ダイオライト記念JpnⅡです。

本日開催のエンプレス杯は4歳以上の牝馬による戦いです。レース概要は以下の通りです。

レース概要

女帝を意味する「エンプレス杯」は今年で63回とされるが、その37回まではサブタイトルにもなっているキヨフジ記念として実施された歴史を持つ。

 

キヨフジとは昭和20年代に川崎の八木正雄厩舎に所属して大活躍し、中央競馬に移籍したのち第12回オークス優駿牝馬)を制覇。地方競馬出身馬として初めてクラシック競走を勝った名牝である。

 

距離2100mではレースの駆け引きだけでなく、スタミナも要求されるが、過去10年を見ると、一番人気馬は5勝。第54回のラピッドオレンジ(6着)、第55回のヤマトマリオン(3着)以外はすべて連対している信頼度の高さ。ただし同年のTCK女王盃からの重賞連覇は過去20年遡ってもレマーズガールラヴェリータのみである。

 

クイーン賞スパーキングレディーCを制したトロワボヌールや、2015年、2016年とエンプレス杯を連覇等ダートグレード6勝のアムールブリエ、スパーキングサマーC連覇のブルーチッパー等が引退して牝馬ダートグレード界も世代交代の時期を迎え、次代の女王の座をめぐる注目の一戦だ。

 出典:川崎競馬HP

 

中心となる出走各馬の情報

それでは人気どころの出走各馬についてみてみましょう。

〇ワンミリオンス(牝4歳 JRA小崎憲厩舎)

現在、1番人気に支持されており、TCK女王盃では初めての重賞挑戦でありながら見事戴冠。早目に動いてインを突くセンスあふれるレースぶりで、牝馬ダートグレードに華々しく新星誕生を打ち上げた。牡馬相手に1600万条件を快勝してはいたが1400mを中心に使ってきただけに距離を克服できるかが課題。新女王候補のレースぶりに注目だ。

 

〇ブランシェクール(牝4歳 JRA高柳瑞樹厩舎)

前売りオッズでは2番人気に支持されているブランシェクール。初めてのダートグレード参戦。前走の1000万下では牡馬相手に余裕を残す好内容の競馬を見せ、牝馬同士なら通用するレベルにある。小回りコースへの対応力はありそうだが左回りでは結果が今ひとつなのが気がかり。

 

リンダリンダ(牝4歳 大井・荒山勝徳厩舎)

東京プリンセス賞1着、桜花賞2着、大外にふくれながらのロジータ記念でも2着と南関東この世代のトップクラス。前走のTCK女王盃では軽量とはいえ最後は勝負根性を見せてホワイトフーガを抑えて2着。古馬牝馬ダートグレードでも通用するメドが立った。ロジータ記念で距離2100mは経験したのは強味。

 

タマノブリュネット(牝5歳 JRA高柳瑞樹厩舎)

ルメール騎手が騎乗するタマノブリュネット。昨秋のレディスプレリュードでは快心の勝利でホワイトフーガを撃破したが、川崎舞台のJBCレディスクラシックでは出遅れ響いて4着。前走のTCK女王盃では流れ向かず5着ともうワンパンチ突き抜けたい。息の長い末脚が武器だが、距離と小回りコースが鍵になりそう。

 

今挙げた4頭が人気になっているようだが、森騎手騎乗のヴィータアレグリアや、田辺騎手騎乗のタイニーダンサーも人気的にも差はない。

個人的には、やはり地方所属馬に頑張ってもらいたいのが本音だが、どこまで通用するのか楽しみにしたい。

 

では、さっそく今日の穴馬予想をしていきます。

川崎競馬 穴馬予想】

1R ⑧ポッドタイム

2R ③ハッピーハロウィン 的中 複勝180円(3番人気)3着

3R ③アスカダイヤモンド 的中 複勝180円(4番人気)1着

4R ⑤シゲルヤマト 的中 複勝140円(2番人気)3着

5R ③アピアリング

6R ⑨エクセルレジェンド 的中 複勝240円(5番人気)2着

7R ④アオリスト

8R ②スマートカオス 的中 複勝370円(8番人気)2着

9R ③ポッドドナータ 的中 複勝320円(5馬人気)2着

10R ⑥リボンスティック

 

11R 第63回 エンプレス杯(JpnII)【指定交流】

⑫ダイニーダンサー 

TCK女王杯の負けは、不利によるもので力負けではない。函館2歳ステークス4着はリンダリンダが13着だったことを考えると、素質が高い証。昨年秋から順調に使われており、成長著しい。チャンス到来!

⑫-⑨-②①③⑪⑬ 三連複軸2頭で勝負!

 

 12R ⑩ライブリーソウル 的中 複勝170円(3番人気)3着

 

今日の予想結果は払戻総額1500円で300円のプラス収支です!

 

【小耳情報】

先週の中央競馬武幸四郎騎手の引退が大きくマスコミに取り上げられましたが、川崎競馬所属騎手からも今週の開催を最後に引退する騎手がおります。

金子正彦騎手です。

 金子ジョッキーは、東京ダービー馬のサイレントスタメンや、浦和記念を制したモエレトレジャーなどでも活躍したのが印象的で、たくさん魅せてくださった騎手。

トレードマークの「猫背」で、ぼよーんとした雰囲気からは想像できないほどの力強い、得意の騎乗スタイルの「差し」を決める姿はカッコ良かったです。

f:id:tatsumori777:20170301111346p:plain

金子騎手は当年54歳。南関ファンとしては還暦まで騎乗する姿を見たかったのですが、本人の英断に今はただ一言。「お疲れ様でした!!」

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ