読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大井競馬 穴馬予想【京浜盃SⅡ&南関競馬全レース予想】3月22日(水)

うまたつです。大井競馬開催3日目の今日はメインレースに京浜盃SⅡが行われます。

毎年3歳牡馬の有力馬が南関クラシック(羽田杯)の前哨戦として集う本レースですが、今年もローズジュレップを筆頭に、南関クラシック戦線を賑わすであろう好メンバーが集いました。京浜杯→羽田杯→東京ダービーという既定路線だけに、SⅠクラスの馬たちが多く参戦しています。楽しみですね~。

それでは京浜盃への出走各馬(有力馬)の展望を見てみましょう

 

京浜盃の展望

〇ローズジュレップ (浦和・小久保厩舎)

2走前に兵庫ジュニアグランプリを制し、前走では全日本2歳優駿で3着と実力は高い。兵庫ジュニアグランプリではJRAで活躍している馬を除けての優勝。全日本2歳優駿でも、リエノテソーロには水をあけられた格好にはなったが、その他の中央馬とは差のない競馬。南関に移籍した今回は、実力上位は明白だ。

 

ミサイルマン (大井・森下厩舎)

無敗の3連勝でハイセイコー記念を圧勝。まだ底を見せておらず、怖い存在であることは間違いない。今回は相手が大幅に強化となるが、南関クラシック戦線でやれることを証明するためにも、試金石となる一戦だ。

 

〇ブラウンレガート (大井・阪本厩舎)

的場騎手が調教でもつきっきりで乗っていたブラウンレガートだが、今回的場騎手は怪我で、矢野騎手に乗り替わり。悲願のダービー勝利を目論む帝王のお手馬だけに、矢野騎手はこんなところで無様な戦いはできない。

 

〇ヒガシウィルウィン (船橋・佐藤厩舎)

重賞を2勝していますし、エーデルワイス賞では2着、全日本2歳優駿では4着、これまで、大崩れせずに重賞でもしっかり走れており、馬券圏内を外したのが全日本2歳優駿のみ。今回も堅実な走りをしてくれることでしょう。

 

ほかにも、名手の吉原騎手が騎乗するカンムル東京2歳優駿牝馬を制したピンクドックウッドなど気になる馬たちがたくさんです。勝負のカギとなるのは距離適性とペースでしょうか。ほとんどの馬たちがマイルまでしか経験していない中で100m延長の1700mにどこまで対応できるのか?そして、逃げるロージュジュレップを楽に逃がさないようにするのはどの馬なのか?そのあたりに注目して勝負を楽しみたいと思います!

 

 

それでは今日の穴馬予想をしましょう。

【大井競馬 穴馬予想】

1R ⑤シャークフェアリー

2R ①ホウオウブーケ

3R ③マルヨアマテル

4R ①ザサンゴット

5R ⑫プラネットスコア

6R ⑧ユアインマイハート

7R ④キョウエイアムール

8R ⑤リュウチャン

9R ②バシルーラ

10R ③ワカチナ

11R 第40回 京浜盃(SII) オープン重賞

①ブラウンレガート ①-⑥-②⑨⑫⑭ 三連複4点

2走前のニューイヤーカップではアタマ差で2着だったが、好枠を引いた今回は逆転可能。乗り替わりを不安視されて人気が落ちているが、素質は高く、矢野騎手とのコンビがハマる可能性がある。固く決まりそうな京浜杯だが、配当妙味があるこの馬が今回はねらい目。

12R ①フジマサキング

 

今日の予想は以上です。

 

〇昨日の予想結果

www.umatatsu.com

 

 

関連記事
人気ブログランキングへ