浦和競馬 穴馬予想【さきたま杯(JpnⅡ)&南関競馬全レース予想】5月31日(水)

浦和競馬開催3日目です。今日の浦和競馬場は「さきたま杯JpnⅡ」が11Rに施行されます。

f:id:tatsumori777:20170529092612p:plain

ダート1400mのさきたま杯は全国からスプリント自慢が集いますが、今年はモーニンを筆頭にGⅠ馬が4頭も参戦しており、近年では一番の豪華メンバーでの戦いとなりました!

それでは早速さきたま杯の分析をしていきましょう。

さきたま杯の分析

さきたま杯は4歳以上のオープン馬による交流重賞です。格付はJpnⅡで浦和ダート1400mで施行されます。負担重量は別定により牡馬56㎏、牝馬54㎏となっていますが、GⅠ勝利馬は+2㎏、GⅡ勝利馬は+1㎏が加重されます。

今年はフェブラリーステークスGⅠの勝利馬モーニンを筆頭にGⅠ馬が4頭も参戦しており、ハイレベルの戦いが期待されます。

〇モーニン 牡5歳

人気の中心はやはり3週連続GⅠ制覇中の優勝請負人、ルメール騎乗のモーニンでしょうか。人馬ともに浦和は初となりますが、1400mの成績は3戦無敗と距離適性に関しては問題なさそうです。あとはクセのある浦和コースの攻略を鞍上がどのように攻めるのかが注目です。

ベストウォーリア 牡7歳

対抗は、昨年のさきたま杯で2着のベストウォーリアです。1400mも得意としていますし、なによりも浦和コースを知り尽くしている南関出身の戸崎騎手が鞍上なのも心強いでしょう。昨年のさきたま杯から5戦連続で2着連対、前走のかしわ記念こそ4着でしたが、展開不問の実力派だけに、ここはなんとしても勝ちたい1戦でしょう。

 

上記2頭が抜けた印象ではありますが、前走のマリーンカップを勝ち、勢いに乗りたいホワイトフーガと生粋のスプリンターのドリームバレンチノも展開次第では2頭の間に割って入ってくる可能性もありそうです。

 

ホワイトフーガ 牝5歳

ホワイトフーガは距離的にちょっと短い印象ですが、前走58㎏を背負っての堂々たる勝利。JBCレディースクラシックを制した女王の貫録を見せつけました。今回の斤量は56㎏になるだけに、あわやの場面があっても驚けません。

ドリームバレンチノ 牡10歳

ドリームバレンチノは現在10歳になりかつての勢いは感じられませんが、昨年の当レースでは3着。東京盃を勝ち、兵庫ゴールドトロフィーでも2着と健在ぶりを示しています。差し一辺倒の脚質だけに展開に左右されますが、前がやり合えば怖い存在です。

 

〇アンサンブルライフ 牡4歳

ここまでが中央から参戦の4頭です。今年はこの4頭の争いと考えて良さそうですが、地元の名伯楽、小久保厩舎から参戦のアンサンブルライフにも注目したいです。成長著しい4歳馬で、全日本2歳優駿で3着している素質馬です。南関クラシック路線では惨敗でしたが、真島騎手に乗り替わってからは徐々に調子を上げてきており、ここは中央の列強との差を測る試金石といえるでしょう。

ラブバレット 牡6歳

また、岩手から参戦のラブバレットも無視できない存在です。地方ダートグレードでは常連ですが、2走前の兵庫ゴールドトロフィーではドリームバレンチノのコンマ4秒差の4着、2年前のさきたま杯ではドリームバレンチノに先着しての4着と、中央勢とも差のない競馬をしています。今年のさきたま杯では最内枠を引いただけに、逃げ残りで馬券に絡んでくることに注意したい1頭です。

 

いずれにしろ、JRAの4頭が中心となって馬券を構成すると配当も安くなるので、馬券点数を絞って勝負する必要がありそうです。

 

それでは、今日の浦和競馬のレース予想をしていきましょう。

【浦和競馬 穴馬予想】

1R ①アクアインモータル

 

2R ①ミキノアレグロ ①-⑧ワイド

 

3R ④トントンソーモ ④-⑩ワイド

 

4R ⑧ミヤビクロタカ

 

5R ⑤グリーンマウンテン

 

6R ④ナガラフライト ④-⑧ワイド

 

7R ⑧レモンティー

 

8R ⑪デンコウイッセン ⑪-⑦ワイド

 

9R ⑦グランラファル ⑦-④ワイド

 

10R ⑤シャドウシティー

 

12R ⑤ピースフォエバー ⑤-⑥⑩ 馬単2点

 

11R 第21回 さきたま杯(JpnII) オープン

カオスモス

小久保厩舎の刺客 カオスモス。中央オープン馬で芝1400mのスペシャリスト。問題はダート適性だが、移籍初戦の前走は初のナイター、初コース、距離短めの1200m、休み明け、不利な材料が山積みでの出走。案の定、道中は素晴らしいスピードを見せていたが直線で失速。さらに展開も不利だっただけに、前走は参考外と考えても良いだろう。今回は、得意の1400m、日中開催、ひと叩きされて状態良化、ここは実力を発揮できるとみて良さそうだ。

中央在籍時に1度だけダート1400mのオープン戦を使ったことがあるが、6番人気に推されながらも+16㎏の太目残りで13着。優勝馬のコーンベリーに1.3秒の差だった。しかし、見方を変えてみると、ダートGⅠ馬に対して、初ダートで太目残りでの着差としては数字ほど負けていないのではないだろうか。地元小久保厩舎は2頭出しで僚馬も先行馬であることを考えると、ポジショニングもコントロールしやすい。

 

いかにも堅そうな決着が予想される今年のさきたま杯で、穴をあけるとしたらこの馬しかいないだろう!

<買い目>

⑩-②⑧-①②⑥⑧⑪ 三連複か ⑩-②⑧のワイドor馬連で勝負したい。

 

今日の予想は以上です!

 

【今日のおすすめ記事】

以前、鞭の記事でご紹介させていただいたナビ男さんのブログですが、今日はメンコの記事を紹介したいと思います。こちらの記事も、メンコの正体!?についてとてもわかりやすく書かれており、非常に参考になります。十分しっているというかたでも、読み応えのある内容になっていますので、みなさんCheck it out!!

www.nabioo.com

 

 

人気ブログランキングへ