JRA 穴馬予想【安田記念GⅠ&東京競馬場全レース予想】6月4日(日)

中央競馬の上半期のマイル王決定戦の安田記念。屈指のマイラーだった「モーリス」が引退し、新しい王者を求めるマイル戦線。絶対王者となるほど抜けた存在は見当たらず、混戦模様となっている今年の安田記念

現在1番人気のイスラボニータが3倍以上のオッズであることからも、混戦模様であることが見て取れるだろう。

穴馬好きの代表を自負している僕としては、混戦にこそ光明ありと願うばかりだ。

f:id:tatsumori777:20170603040659p:plain

 

安田記念は国際競走に指名されており、世界のトップ100G1レースで現在41位という位置づけとなっている。これは、ブリーダーズカップ・マイルが40位であることを考えれば、たいしたものである。

 

香港から参戦の2頭の評価

今年の安田記念で気になる馬といえば、香港から参戦している2頭のGⅠ馬だ。

各紙とも意見の分かれるところだが、大方は安田記念を彩る付け合せ程度の評価。JRAでは海外から招へいした馬たちは、レーティングに応じて輸送費、滞在費などの費用負担をするのだが、どちらもGⅠ馬だしかなりの負担をJRAがしているものと思われる。そうなれば、参戦する2頭としても、負けても費用損失は最少で済むし、間違って入着でもしようものなら、日本のレースは賞金も高額なのでローリスク・ハイリターンで日本へ来ていると考えるのが妥当だろう。

 

肝心の実力だが、コンテントメントよりはビューティーオンリーのほうが地元では評価が高い。これはマイル適性によるものだろう。ただ、モレイラ騎手は怖い存在であることも否定できない。

では日本馬との比較だがビューティーオンリーは香港マイルロゴタイプサトノアラジンを負かしていることを考えれば、日本でも勝ち負けできるだけの力を持っていると考えても良さそうだ。

今年は絶対王者不在の混戦模様。香港馬が猛威を振るっても驚かないし、その可能性は十分すぎるほどあるだろう。

 

それでは、さっそく今日の穴馬予想をしてきます。今日の穴馬予想は阪神競馬場全レースと安田記念の予想です。

阪神競馬場 穴馬予想】

1R ⑬ニホンピロメリーナ

素質高く初戦から期待。既走馬に強いのはいるが、馬券県内に食い込みた。

 

2R ⑨トモリエール

初ダートになるが、クロスの多い血統だけに化ける可能性を否定できない。

 

3R ⑩デアリングアイディア 的中 複勝250円(4番人気)3着

終いはいつもしっかり伸びている。トモがしっかりしてくれば上位。

 

4R ⑧サトノアッシュ

平地ではいいとこなしだが、素質馬だけに障害で起死回生。

 

5R ⑪タガノスカイハイ 的中 複勝160円(3番人気)2着

調教時計では一番。素質高くこの馬で勝負。

 

6R ⑨キエレ

先行力あり、開幕週なら残る。

 

7R ⑤プティットクルール

前走、ダートで変わり身を見せた。ゴール手前で軽く追っただけで3頭をごぼう抜き。まだ底を見せていないため要注意!

 

8R ⑪メイショウグロッケ

未勝利戦ではあるが、5戦して一度も掲示板を外してない。今回も先行できればしぶとい。

 

9R ⑧アサケハーツ

疝痛により休んでいたが、お腹の痛みが無くなり一変する可能性あり。

 

 

第67回 安田記念(GI)

⑫ビューティーオンリ

馬主は日本への参戦に否定的だったが、クルーズ調教師とバートン騎手が説得。日本の硬い馬場にも対応可能で、香港カップ圧勝劇からもここでも実力は遜色ない。

香港ではマイルで33秒台。日本の高速馬場では1秒差し引いて考えるのが通例。そうなると32秒台で走れる計算になる。時計的にも勝ち負け可能。

日本での騎乗経験が多いバートン騎手を配し、香港勢の久しぶりの勝利を虎視眈々と狙っている。

馬券は相手も穴馬で攻める。

ヒモで⑪ブラックスピネル、⑯ロゴタイプ、⑤コンテントメントの3頭。

<買い目>

⑫-⑤⑪⑯ ワイド3点&馬連3点!

 

 

人気ブログランキングへ