けいばのブログ

穴馬予想と競馬おもしろコラムです

JRA穴馬予想 【京都競馬場穴馬予想&日経新春杯GⅡ&京成杯GⅢ】1月14日(日)

 

今日は京都競馬場ハンデ戦の4歳以上古馬オープンレースである日経新春杯が開催されます。

ハンデ戦というと穴馬好きにはたまらない、波乱含みのレースとなりがちですが、日経新春杯の近年の傾向は、3連単で1万円以下の決着が多く、意外に堅い結果となっています。

今年こそは大荒れのレースとなってほしいと密かに願う「うまたつ」です。

「大荒れ」の画像検索結果

 

それでは早速今日の予想をしていきますよう。今日は京都競馬場の穴馬予想と中山競馬場のメインレースを予想します。

京都競馬場 穴馬予想】

1R ④セトノブルグ

デビュー戦は息が持たずに直線脚が止まった。素質は高いので、一叩きした今回は狙い目だろう。

 

2R ④リリーマイスター

叩き3戦目の変わりごろ。競馬を覚えさせていたようだが今回は調教の感じからも勝負に来そうな気配。狙ってみる。

 

3R ⑩フォーチュンカムズ

斬れる脚がないので、ダートを使うのだろう。ここなら素質も上位。

 

4R ②マイヨヴェール

3系統のクロスがかかっている配合で、なかなか面白そうな血統。調教も一杯に追われて水準のタイムは出ているし、狙ってみても面白そうだ。

 

5R ⑤ホジュリアアスール

ハクサンムーンと似た配合で、いきなり活躍しそうな気配。

 

6R ③テーオーエナジー

出走数が少ないため配当は美味しくならないが、宮徹厩舎の期待馬。ここも勝ち負けだ。

 

7R ⑧ライクアエンジェル

岩崎Jから浜中Jへの乗り替わり。ここは鞍上強化で勝負気配でしょう。

 

8R ⑦コスモス

川崎競馬からの転厩だが、昨年に今年G1格上げしたホープフルステークスに出走して9着。その時の勝ち馬はレイデオロ。着差はわずか1秒で、ここなら見劣りしないだろう。

 

9R ④スルターナ

門別でのブリーダーズカップは上位3頭はいずれもオープン馬。そこからの力関係をみるとここは 上位に食い込む余地はある。

 

10R ⑤モズスーパーフレア

過去の重賞挑戦はいずれも着差は0.3秒と着順ほど負けていない。鞍上も和田Jに強化して、ここは勝負気配だ。

 

11R 第65回 日経新春杯GⅡ

ベルーフ

今回騎乗する川田Jは京成杯GⅢの勝利を含む全3勝を叩きだしている。また、川田J騎乗時は掲示板も外したことがない。

日経新春杯は過去に1度出走したが、その時は5着だったが、今回は社台系が12頭中4頭も出走。僚馬に騎乗するデムーロがペースを上げる可能性があり、そうなればこの馬の出番だろう。

 

12R ④メイショウミツボシ

着差だけをみてもクラス突破の力は十分に持っており、あとは展開一つ。

 

中山競馬場 穴馬予想】

11R 第58回 京成杯GⅢ

⑪ライトカラカゼ

明け3歳の重賞となる京成杯だが、出走数の少ない3歳世代の力関係は難しいため、素質や成長分も含めた予想が肝心となる。

うまたつ競馬での推しは⑪ライトカラカゼだ。

兄にクリールカイザーがいる血統で、素質では人気馬にも見劣りしないし、デビューから3戦すべてが馬券に絡んでいるという勝負強さ。前走勝ったことでさらに上昇気配だし、ここは狙って面白い1頭だ。

 

本日の予想は以上でございます!

 

人気ブログランキングへ