けいばのブログ

穴馬予想と競馬おもしろコラムです

JRA穴馬予想 テレビ東京杯青葉賞GⅡ予想4月28日

うまたつです。今日から世間はゴールデンウィーク!僕はといえば今日はゴルフコンペ&夜桜花見のため、競馬観戦ができなくてちょっと悲しい気分。

しかし、あすの大一番の天皇賞(春)に向けてメインレースだけはPATで勝負したいと思う。

ãæ±äº¬ç«¶é¦¬å ´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

今日の重賞は東京競馬場青葉賞GⅡが開催されます。

青葉賞は2着までの馬がダービーへの優先出走権が与えられるダービートライアルとなっています。

しかしながら、この青葉賞を経てダービー参戦した馬たちで本番で勝った馬がこの20年間1頭もいないという状態。しかしながら、3着以内という括りで見てみると41%という好成績。

そのことからも本番と同じ条件で走る青葉賞は軽視できないレースでしょう。

では早速レースの予想をしていきましょう。

 

青葉賞GⅡ 穴馬予想】

牡馬クラシック戦線の1冠目の皐月賞は1着が7番人気のエポカドーロ、2着が9番人気のサンリヴァル、3着は8番人気のジェネラーレウーノと3連単で37万円の波乱の決着となっている。このことからも巷でささやかれているように、今年のダービーは主役不在。皐月賞の上位がダービーでもそのまま上位とは考えにくい。

例年とは異なる雰囲気のクラシック戦線。今日の青葉賞の結果いかんではダービーでの主役級が登場してもおかしくない。

 

そんな中で注目したい穴馬が⑨ゴーフォーザサミットだ。今日の青葉賞は藤沢厩舎から2頭出走。鞍上がルメール騎手のオブセッションに人気が集まっているが、素質で言えばこの馬も引けをとらない。

2走前の共同通信杯オウケーンムーンの4着だが、スタート直後に不利があり最後方からの競馬を強いられてのもの。いつもどおり中団から競馬ができていれば差しは届いていただろう。前走のスプリングステークスは後方待機から3~4コーナーは大外を回り、大幅な距離のロスがあったものの、最後の直線はものすごい末脚を発揮して7着。

着順こそ7着だが着差は0.7秒とわずかで、上がりタイム34.4秒は勝ち馬のステルヴィオに次ぐタイム。

今日の青葉賞は最後の直線で⑨ゴーフォーザサミットと同厩のオブセッションとでたたき合いとなり、そのまま藤沢厩舎でのワンツーフィニッシュもあり得ると見た。

 

 

人気ブログランキングへ